就職・転職・雇用を考えるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育に関する職種

<<   作成日時 : 2008/02/01 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

教育をいうのは、人を教育することになりますから、事は大変難しく、
今日の明日に結果の出ることでもありませんから、常に苦労がつきまといます。

当然、人はもちろん千差万別ですが、教育の現場ではただ単に知識があるだけ
では十分な対応が出来ず、学生生徒などとのコミュニケーション能力も求められます。

又、教育が必要なのは子供だけでに限るわけではありません。

何ごとにおいても常に新しい知識や技術を習得する為には、社会人になった
大人でも専門学校や専門施設に通い学習する必要があります。

いくつかの職種を見ていきます。

■ 保育士
保育士は0歳から6歳までの、いわゆる義務教育就学前の子供を預かって、
日常の面倒をみつつ、しつけなどを行います。
特に女性に人気がある職種ですが、近年は意外に男性の活躍も目立っています。


■ 幼稚園の先生
幼稚園の先生は3歳から6歳までの子供を預かります。
小学校に入学するまでの集団行動や様々な教育を行います。
保育士は国家資格ですが、幼稚園の教諭免許状が必要となります。


■ 学校の先生
学校の先生の仕事は、小学校が全教科の担当として教育し、
中学・高校においては専門の担当教科を教育する事になります。
小・中・高を問わず、部活動の顧問も担当して忙しい職種です。


■ 専門学校の先生
各種専門知識と技能を教育する事が専門学校の先生の仕事です。
コンピューター、美容、調理、アニメーションや服飾など、ほぼ全ての
技能に対して専門学校が存在します。

生徒も資格などを取得する目的で入学していますので、
教育する目的がはっきりしています。


■ 塾の講師
希望校に合格するために受験のテクニックや、学校における授業の予習、復讐を教えるのが塾の講師の仕事です。
合格率の高いカリスマ的な講師ともなると年収数千万にもなります。


■ 職業訓練指導員
職業訓練には様々な専門コースがあります。職業に必要な知識、
技能を就学者に教育するため専門知識や技能が求められる職種です。



  generated by feedpath Rabbit


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育に関する職種 就職・転職・雇用を考えるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる