就職・転職・雇用を考えるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の運送業界

<<   作成日時 : 2010/09/21 00:27  

トラックバック 0 / コメント 0

最近の物流業界の成長は著しいように思われます。

しかし、業界全体の成長とは裏腹に儲かる会社もあれば
昨今の原油高なども背景に厳しい現実を味わう企業も少なくありません。

運輸業の良いところは、あらゆる業界と取引が行える点です。
全ての職種といっていいくらい、物流がなければ経済活動が成り立ちません。

物流といえば、トラックの運転手からパイロットなどその業種は
幅広いものですが、いずれも近年は女性の活躍も目立っています。

物流業界のそれぞれの配達の責任者を見て見ましょう。


■ トラック運転手
全国各地を走り回り、目的の貨物を得意先やお客様の元へ届けるのが
トラック運転手です。日本において陸運のほとんどがトラックによる輸送を
行っており、経済の血液とも呼ばれ重要な役割を果たしています。

長距離運送から近場を何度もサイクル運送する短距離まで、
目的や配送先に応じて仕事の内容も様々にあります。


■ セールスドライバー
セールスドライバーというのは、営業活動で成功している運送会社もありますが、
主な仕事の内容は依頼された荷物を個人宅や企業まで届けるものです。
小回りのきく軽自動車などで行う運送会社も多く、近年は食品の配達や生活関連を
職場をはじめとして、女性の活躍が年々目立っています。


■ 航海士
船を安全に航海させるための航海士は、航海計画に基づいた任務で
甲板部員の指揮、荷役管理などの業務を行います。

乗船した後には、航海中は基本的に勤務扱いとなります。そのため、
帰港した後長期の休暇が与えられると言った特徴があり職種です。


■ パイロット
誰もが憧れの職業と感じたことのあるパイロットは、ジャンボ旅客機の
パイロットから小型機やチャーター機の操縦まで、空を飛ぶもの全てに
幅広く分けることができます。

パイロットの資格を取得する為には厳しい身体的条件をクリアしなければなりません。
その上で訓練を受け、又、資格継続の為にも訓練を受け続けることになります。


■ 電車運転士
電車というのは、分単位で決められている過密ダイヤを、安全に、正確に
目的地まで運転するのが電車運転士の仕事です。数年前、大きな列車事故が
ありましたが、我が国では分刻みの正確さが求められています。


■ バイク便ライダー
都会の交通事情で活躍するバイク便ライダーは、約束された時間通りに、
お客様の所まで正確に荷物を届けるのが仕事だといえます。


こうした主な物流の乗務員をあげましたが、流通機構が技術の発達によって
大きく変化していくかもしれません。適正を見極めて相応しい仕事を見つける
ことが大切です。



[PR] 還暦祝い/宅配レンタル/ポリフェノール/東京 グルメ/ダイエット/短期ダイエット/性病検査/

月別リンク

最近の運送業界 就職・転職・雇用を考えるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる